|最新号|月刊りぃ〜ど 2021年11月号発売中

|最新号|月刊りぃ〜ど 2021年11月号発売中
NEW! | 2021年11月号 |

特集 | 月刊りぃ〜どが見た、30年

 

 本誌は、1993(平成5)年11月号の創刊以来、今号で30年目に入り、2022年1月号から通巻30巻の節目を迎える。
 この間、社会はバブル崩壊、平成不況、リーマンショック、東日本大震災、原発事故、風評被害、2019年台風19号、新型コロナウイルス感染症など、驚愕(がく)的な変遷をたどってきた。
 こうした中、本誌は毎号、多くの市民の姿を真摯(し)に、ひたむきに紹介し続けてきた。時代ごとのニュース、幅広い硬軟の特集、連載記事などとともに、これまでに撮り続けてきた決定的瞬間の写真などを含め、「30年の航跡」をまとめてみた。

 

 

 連載 | 駅から歩いて1時間 〜四ッ倉駅〜

 

民家に、自由の女神像
変わりゆく“遠洋漁業の町

 震災と津波被害で、シンボル的建物だった旧四倉銀行も解体。浦島太郎伝説の亀の像も駅周辺の工事で撤去。町歩きの目印スポットが消えつつある四倉町。そんな中、市民を見守る自由の女神、新しく設置されたポケモンのマンホールなど、移りゆく街並みを歩いてみた。

 

 

 PICK UP CONTENTS

 

|連載記事| 水に添う

       いわきのはたらく車  

       人、まちニュース

       「うまい話にゃウラがある」

       波光

|隔月掲載| 細腕なんて言わせない!!

       

|エッセー| クローゼットナイト

       満腹笑顔 タロウの男の流儀

       子どもはタカラもの

       フォトおかし

       Dr.佐藤の寄り添いながら

       私の博物誌