会社概要

株式会社いわきジャーナル 

 

会社名株式会社いわきジャーナル
所在地福島県いわき市鹿島町走熊字小神山29(ヤスミツ第1ビル2-A)
TEL : 0246-29-2424 FAX : 0246-29-2425 e-mail : read@iwaki-j.net
会社設立日平成5年8月24日
資本金1,340万円
代表者鈴木 滋
社員数10人(パート含む)
営業種目広告及び宣伝の企画斡旋、日刊、週刊、月刊新聞の発行、
地域文化、観光、史跡、物産等情報宣伝誌の企画、編集及び販売

 

MAP

 

会社沿革 

 

1993年(平成5年)8月、会社を設立し、小名浜大原に編集室を開設。11月に月刊りぃ~どを創刊。
浜通り初のメンバー制を採用してスタート。
1996年(同8年)9月、鹿島町の現在地に編集部(会社)を移転。
人気連載「オッ、往生しました」がスタート。
1998年(同10年)DTP編集を開始。
1999年(同11年)10月、山口太一氏のエッセー集『ぽく平のつぶやき』の出版
&月刊りぃ~どの創刊7周年の記念パーティーを開催。
2002年(同14年)3月、おんな劇場「細腕なんて言わせない!!」の掲載100人
&本誌の創刊 10周年の記念パーティーを開催。
2004年(同16年)1月号から大幅に誌面を刷新、カラー化を推進。
近い将来への「全面カラー化」への歩みを開始。
2005年(同17年)1月号から表紙を改編。ネットショップ販売「いわき・どんワッセ本舗」を開始。
2007年(同19年)4月、「遊・食・学」いわき3大テーマパーク完全ガイドブック
『いわきYOUとぴあ』発刊。
2008年(同20年)1月、好評につき「遊・食・学」いわき3大テーマパーク完全ガイドブック
『いわきYOUとぴあPART2』発刊。
12月、市内の医師や介護、特老など各施設の協力を得たガイドシリーズの
第3弾『なっとく みんなの健康ガイド いわき版』を発刊。
2010年(同22年)6月号で本誌が通巻200号。
2011年(同23年)4月、3月11日の「東日本大震災」によるいわきの惨状を読者に
いち早く伝えるため、『震災臨時号』(無料)を1カ月目の11日に発刊。
8月、震災総集編の第2弾『東日本大震災いわき地方150日の記録』を発刊。
2015年(同27年)8月、名物かしわ餅で知られる久之浜町、「菓匠 梅月」の歴史をまとめた
『菓匠梅月ものがたり―脇目も振らず、手抜きせず』を出版。
2018年(同30年)3月、久之浜・大久地区の概要、20年間にわたる久之浜
・大久地域づくり協議会の活動などまとめた
同協議会創立20周年記念誌『誰か故郷を想わざる』を出版。
2019年(令和元年)10月、遠野町、きもの乃館「丸三」の展示品などをまとめた
オリジナル写真集『みやび、明日へ』を出版。
併設の「金澤翔子美術館」についての詳細も記してある。
2020年(同2年)1月、常磐関船町在住、齊藤秀章さんのタイの人々との交流記
『なるほど!私のタイ旅行記』を出版。
2020年(同2年)4月、2015年に続き久之浜町、「菓匠 梅月」の
『続 菓匠梅月ものがたり―脇目も振らず、手抜きせず』を出版。
その他創刊以来、『さらば東京』『ザ・ウエディング』
『細腕なんて言わせない!!』『海があった!』
『ぽく平のつぶやき』など、各種の関連本を多数出版。
また各事業所、医院など10数社のHP(ホームページ)制作、
チラシ、パンフレットなども随時、編集。